車買取に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」

車買取に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」

車買取に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」というのが意外と多いです。自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、名義人の方の印鑑証明書とその車を譲ったことがわかる譲渡証明書と売却委任状(どちらも実印の押印が必要)があれば代理人でも売却可能です。 Continue reading "車買取に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」"

消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中

消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中

消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。そして個人から業者への売却に関する事例は右肩上がりに増えています。 Continue reading "消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中"

中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任」を言い

中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任」を言い

中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を通達されることがたまにあります。

もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分側が悪いと言えますが、査定時に何か見落としがあったというならば自分は何も責任を取る必要はないのです。 Continue reading "中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任」を言い"

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーに

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーに

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる下取り価格で、より高額な買取が可能なのは、車の状態や車種、需要の高いものであれば、車査定の方が高く買取ってくれることが多いようです。

なぜなら、ディーラーが行う下取りは標準査定価格を基にしていますし、さらに、新車の値引き分を含んだ価格が見せられることも多いため、交渉が難しくなり、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。 Continue reading "ご自身の愛車の車査定価格とディーラーに"

たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだ

たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだ

たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売却することで家計はかなり節約できるでしょう。 Continue reading "たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだ"

買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために

買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために

買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。そんな中で確実に減点されるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。 Continue reading "買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために"

売っても良いかと考え中の中古車にこの程度

売っても良いかと考え中の中古車にこの程度

売っても良いかと考え中の中古車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。 Continue reading "売っても良いかと考え中の中古車にこの程度"