中古車をディーラーへ下取りに出す場合には実に、たくさんの書類が

愛車を手放すにあたって査定を受けるのに一

中古車をディーラーへ下取りに出す場合には実に、たくさんの書類が入用となりますが、自動車納税証明書もその一つとなります。

もしも、納税証明書を失くしてしまったときには、税事務所といったところで再発行を申し出る必要があります。 Continue reading "中古車をディーラーへ下取りに出す場合には実に、たくさんの書類が"

国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車

車買取業者の困った点は、営業がとにかくしつこいことで

国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車は、買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

日本全国での車の流通実績で見た場合、輸入車というのは国産車より圧倒的に少ないため、需要も読みにくいところがあり、買取業者としても値付けが難しいからです。 Continue reading "国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車"

車を手放す時の方法としては、ディーラー下取りとい

買取依頼の際に車体に傷が入っていると、査定ではマイナスになる場

車を手放す時の方法としては、ディーラー下取りというものがあります。

でも、ディーラー下取りというやり方は、中古車を買い取る業者に頼むよりも値段が安くなってしまう場合が珍しくないのです。 Continue reading "車を手放す時の方法としては、ディーラー下取りとい"

実際のところ、夜間での車査定が良いのかといい

一般的に、車査定をする場合には、業者の多くが、

実際のところ、夜間での車査定が良いのかといいますと、それは間違っています。

なぜなら、査定を受ける時間が暗ければその分だけ慎重な査定になるため、昼間の査定よりも、査定額が低くなる可能性だってあるのです。 Continue reading "実際のところ、夜間での車査定が良いのかといい"

中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査

軽自動車税の税率が上がっている昨今、中古車

中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定時にプラス評価が付きます。

でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。 Continue reading "中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査"