中古車を買う場合は、事故車と呼ばれるもの

マイカーを売るときに気になることといえば動作しなくて

中古車を買う場合は、事故車と呼ばれるものを買ってしまわないように留意した方がいいかもしれませんね。

一応修理されているとはいっても、安全性に問題が挙げられることもあります。

でも、一般人が事故車を見つけることは難しいため、信頼できる中古車販売のお店で買いましょう。

車の買取を検討していたので、WEBの簡単査定サービスを使ってみました。私の愛車は赤のアウディで、5年ほど乗っただけの車だったので、かなりの高値が付くだろうと期待していたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。

査定をお願いしていた買取業者に説明に来てもらったところ、「今時は軽自動車の方が外車より買取額が高い」と言われたので衝撃でした。

中古車買取専門店での査定の際には、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定額が高くなる傾向にあります。

しかしながら、最近発売された車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

そして、同じ理由によってカーナビ非搭載だと低く見積もられる場合も出てきます。自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

しかし、売却する前に新品のタイヤに変更してもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、実査定を受ける前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。

業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。次のような流れになりますので参考にしてください。

まずは一括査定サイトなどを使って机上査定の金額を知ることから始まります。

そして実物の状態を業者が確認した上で、最終的な買取額が算定されます。

金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。契約締結後に車を業者に引き渡し、それから移転登録等の手続きが終わってから指定した口座に売却代金が振り込まれます。車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、俗に「過走行車」と言われます。査定サイトなどを使って売ろうとしても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

そのような場合は一般的な中古車査定り業者は避け、多(過)走行車や事故車を専門に扱う販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。中古車の査定をネットでしてみるつもりで各業者のサイトを巡ってみると、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者がとても多いのが現状です。査定はもちろんしてもらいたい、しかし、電話をかけてこられたりするのは面倒だし迷惑だとして、インターネットでの査定に気乗りしない人がいてもおかしくありません。

ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、電話番号をはじめとした個人情報を記載しなくても使用可能なおおまかな買取額を知ることできるサイトも出てきましたし、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。車の買い換えですが、最近では、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。

ひとつ気にしておきたいのは、事故歴や修理歴について、相手にきちんと伝えておかないとどうなるか、です。売買契約時に店と契約書を交わします。

そこに記載されている買取査定規約を見てみると、事故歴については、わかっている場合には申告義務があることが書かれています。なので、事故歴や修復歴があるのを知っていながら、それを相手に伝えていなかった場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求ができることになっていますから、事故歴は隠さず、申告しておきましょう。

自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行って当日中に査定してもらいたい時は、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが基本的に飛び込みでも大丈夫です。

ただ、飛び込み査定のときは比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。

従って市場相場を下回る値段で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、より高い額で売却することができます。

それぞれの車種によって、人気の色には違いがあります。トラックは今も昔もホワイトが人気なのですが、それ以外の車種の場合、ホワイト、ブラック、グレー系統が査定で人気が高い色だと言えますね。

よく街中で見かける色、つまり「定番色」が車査定においても査定額に有利に働くという事ですね。

あるいはパール系やメタリック系ですと、ソリッドカラーよりも査定結果が良いそうです。また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。